8020達成者が50%に達し目標達成:平成28年度歯科疾患実態調査

80歳になっても20本以上の自分の歯を有することを目指す「8020運動」の達成者が51.2%に増加したことが、厚生労働省のプレスリリースにより明らかにされました。

平成28年10月~11月の間に行われた歯科疾患実態調査によると、80歳で20歯以上を有する者の割合は、前回調査時の結果である40.2%から51.2%に増加しているとのこと。

その他にも、厚生労働省による「平成28年歯科疾患実態調査の結果(概要)」の文書には、「4mm以上の歯周ポケットを持つ人の割合は高齢になるにつれて増加している」ことや「毎日歯を磨く人の割合は95.3%」といった興味深いデータが掲載されています。

高齢者の残存歯数が増えていくことによって、う蝕や歯周病など、残った歯をいかにしてケアしていくかが課題になっていきそうです。

スキマ時間に歯科国試をサクッと勉強できるアプリ

歯学部生待望のアプリができました。OneDentalは、歯科国試から抽出された数千問の問題と解説を、サクッと勉強できるアプリです。

値段は無料で、ジャマな広告もありません。最新の110回歯科医師国家試験にも対応しています。

OneDentalで国試をサクサク解いて、ライバルと差をつけよう!

コメントを残す