オルタードキャストテクニック

オルタードキャストテクニックは、遊離端義歯および金属床義歯において、歯根膜負担部(=残存歯部)と粘膜負担部との被圧変位量の差を補償するために行うテクニックである。