モノプレーンオクルージョン

モノプレーンオクルージョンは、無咬頭人工歯を用いた全部床義歯に付与される咬合様式である。

モノプレーンオクルージョンでは、義歯に対する側方力を軽減できるため、主に顎堤吸収症例に付与される。

左右大臼歯後方部にレジンの隆起(バランシングランプ)を設定することで、3点支持(スリーポインテッドバランス)を付与する必要がある。