咬合高径の異常による障害

咬合高径の異常による障害、それぞれ咬合高径が高すぎる場合と低すぎる場合に生じる障害について解説する。

咬合高径が高い場合に生じる障害

  • 咬合性外傷や歯槽骨吸収
  • 顎関節の違和感
  • 筋の疲労感
  • 発音障害

咬合高径が低すぎる場合に生じる障害(オーバークロージャー)

  • オトガイ部の突出・前突
  • 口角の下降
  • 口角びらん
  • 薄い赤唇
    顎関節の違和感