歯の喪失に伴う顎堤吸収

歯の喪失に伴い、顎堤は吸収する。

顎堤吸収は、上顎では唇頬側で大きく、下顎では舌側で大きい。

このため、上顎では、歯の喪失に伴い顎堤は内側に移動し、下顎では外側に移動する。

また、口蓋や頬棚の吸収は少ないと考えられている。