フレンジテクニック

フレンジテクニック(flange technique)は、LottとLevinにより1964年に提唱された。

義歯の維持・安定を得るため、義歯床翼部(フレンジ)の形態を周囲の筋の生理的運動により形成印象し、人工歯列弓と義歯床研磨面の形態とを決定する方法である。

歯科補綴学専門用語集 第4版