ドンダース空隙

ドンダース空隙とは、下顎安静時に舌背と硬口蓋・軟口蓋との間に見られる空隙のことである。

Dondersにより1875年にその臨床的重要性が指摘された。