頬棚(バッカルシェルフ)

頬棚(バッカルシェルフ)は、前方を頰小帯に、内側を顎堤頂に、外側は外斜線に、そして後方はレトロモラーパッドに囲まれた部位のことである。

頬棚(バッカルシェルフ)は、下顎における咬合圧支持域となるため、全部床義歯において重要な解剖学的ランドマークである。