有床義歯補綴学

有床義歯補綴学(全部床義歯補綴学・部分床義歯補綴学)の用語集です。

モノプレーンオクルージョン

モノプレーンオクルージョンは、無咬頭人工歯を用いた全部床義歯に付与される咬合様式である。 モノプレーンオクルー...

パントグラフ

パントグラフとは,下顎運動における作業側と平衡側の下顎頭の動きを連続的に記録する装置である. パントグラフによ...

終末蝶番運動

終末蝶番運動とは,最後方位において,下顎頭が関節窩の最後方にある際に営まれる純粋な回転運動のことである. 終末...

Balkwill角

Balkwill角とは,Bonwill三角と咬合平面とのなす角のことである. ちなみに,Bonwill三角とは...

Bennett運動(ベネット運動)

Bennett運動とは,側方運動時における,作業側下顎頭のわずかな外側への運動のこと.

Bonwill三角

Bonwill三角とは,下顎中切歯切縁の中点と両側下顎頭を含む三角形のこと. このBonwill三角と咬合平面...

患者立脚型の補綴物の評価

患者立脚型の補綴物の評価には、以下のような方法が挙げられる。 口腔関連QOL 患者満足度アンケート 咀嚼機能ス...

機能的咬合系

咬合には、歯のみでなく下顎自体の動きに関与する筋や顎関節と、これらにおける中枢神経系が相互に関連している。 こ...

筋肉位

筋肉位とは,最も効率的に筋力が発揮される下顎位のことで,中心咬合位と一致する.

歯の喪失に伴う顎堤吸収

歯の喪失に伴い、顎堤は吸収する。 顎堤吸収は、上顎では唇頬側で大きく、下顎では舌側で大きい。 このため、上顎で...

咬合音検査

咬合音検査法では、タッピング運動時における早期接触の有無を検査することができる。 聴診器を用いる聴診法と、電気...

レストの目的

レスト・レストシートの目的を列挙する. 機能圧を支台歯の歯軸方向へ伝達する 義歯の沈下を防止する(支持) 義歯...

RPIクラスプ

RPIクラスプは,近心レスト,隣接面板,Iバーより構成されているクラスプである. 遊離端欠損症例の小臼歯などに...

基底結節レスト(シンギュラムレスト)の目的

基底結節レスト(シンギュラムレスト)の目的を以下に示す. 支持の向上 関節支台装置として用いる 審美性の確保

フック・スパー

フック フックとは,2本の前歯切縁隅角に設置される切縁レストのような補助支台装置のことである. スパー スパー...

近心レストの意義

近心レストは,遠心レストと比較した際に,以下のような特徴がある. 欠損部顎堤に加わる圧が近遠心径に均等に分布さ...

レストの種類

レストは,大きく分けると以下の3つに分類できる. 咬合面レスト 切縁レスト 舌面レスト

頬舌側両面に維持機構を設定できる支台装置

頬舌側両面に維持機構を設定できるクラスプ・支台装置は主に以下の通りである. エーカースクラスプ 双子鈎(ダブル...

両側設計となるクラスプ

基本的に両側設計となるクラスプの種類は,以下の通りである. バックアクションクラスプ リバースバックアクション...

ニアゾーンのアンダーカットを利用するクラスプ

ニアゾーンのアンダーカットを利用するクラスプの種類としては,以下のクラスプが挙げられる. リングクラスプ ヘア...

サーカムファレンシャルクラスプ

咬合面方向から維持領域に入り,支台歯を180度以上取り囲む. 一方でバークラスプは,歯頸部方向から維持領域に入...

瞳孔線

瞳孔線とは、顔面を正面から見た際の左右瞳孔の中点を結んだ線のことである。 瞳孔線は咬合平面とほぼ平行なため、義...

筋圧形成において収縮する筋

筋圧形成において、ある運動を行わせた場合に収縮する筋の一覧を以下に示す。 嚥下運動 顎舌骨筋が収縮する 開口運...

義歯性口腔粘膜疾患

義歯性口腔粘膜疾患には、慢性の義歯性口腔粘膜疾患と、急性の義歯性口腔粘膜疾患がある。 慢性の義歯性口腔粘膜は、...

オルタードキャストテクニック

オルタードキャストテクニックは、遊離端義歯および金属床義歯において、歯根膜負担部(=残存歯部)と粘膜負担部との...

義歯性線維症(義歯性線維症)

義歯性線維症(義歯性線維腫)とは、義歯の慢性的な機械的刺激により炎症反応性の結合組織性増殖が生じた粘膜異常であ...

Williamsの3基本形

Williamsの3基本形は、前歯の歯冠の形態は、患者の顔面の形態を上下逆にした形態に類似するという考え方であ...

義歯の受動性

義歯における受動性とは、義歯が静止状態にあるとき、クラスプは支台歯に力を及ぼさないことをいう。 義歯の受動性は...

平行模型

平行模型とは、石膏模型の基底面が、咬合平面と平行となる模型のことである。 その他の模型と比較しても製作が容易で...

頬棚(バッカルシェルフ)

頬棚(バッカルシェルフ)は、前方を頰小帯に、内側を顎堤頂に、外側は外斜線に、そして後方はレトロモラーパッドに囲...

筋圧中立帯(ニュートラルゾーン)

筋圧中立帯(ニュートラルゾーン)とは、内側からの舌圧と外側からの筋圧が均衡している部分のことである。 この筋圧...

ろう義歯試適時の診査項目

ろう義歯試適時には、基本的に以下のような項目を診査する。 審美性 咬合高径・垂直的顎間関係 水平的顎間関係 中...

義歯の定期診査項目

義歯の定期診査で来院された患者さんには、以下のような診査が必要である。 義歯の清掃状態 床内面の適合状態 咬合...

オーバーデンチャーの利点・メリット

オーバーデンチャーの利点・メリットとしては、以下のような点が挙げられる。 歯根膜感覚の保存 顎堤吸収の防止 歯...

歯の喪失に伴う障害

歯の喪失に伴い、口腔内にはさまざまな影響が生じる。 歯の喪失に伴う障害は、一次性障害・二次性障害・三次性障害に...

Tenchの空隙

Tenchの空隙とは、臼歯部人工歯の排列の際に、人工歯排列位置の修正を行うために上顎前歯部と上顎臼歯部の間に付...

歯槽頂間線の法則

歯槽頂間線法則とは、臼歯部人工歯の排列において、歯槽頂間線が機能咬内斜面を通るように排列することである。

パウンドライン

下顎臼歯部における人工歯の配列において、下顎犬歯近心からレトロモラーパッド舌側縁を結んだ線を、下顎臼歯部人工歯...

移行義歯

移行義歯とは、近い将来に残存歯を抜歯して、多数歯欠損の部分床義歯や全部床義歯へ改造することを見込んで製作した義...

印象材の消毒

印象材の消毒は、0.1%〜1.0% 次亜塩素酸ナトリウム溶液に15分〜30分間浸漬するか、もしくは2.0%〜3...

模型の消毒

模型の消毒は、0.1%次亜塩素酸ナトリウム溶液あるいはジクロロイソシアヌル酸ナトリウムを基剤とする次亜塩素酸系...

光学印象の利点・特徴

光学印象(Digital Impression)の利点としては、以下のような点が挙げられる。 感染の予防 チェ...

側方顆路角(Bennet角)

側方顆路角とは、ベネット角とも呼ばれており、下顎側方運動時に水平面投影した平衡側下顎頭の運動経路が正中矢状面と...

間接支台装置(間接維持装置)

間接支台装置(間接維持装置)は部分床義歯の支台装置のひとつで、欠損部から離れた部位に設置され、主に支台歯間線を...

直接支台装置

直接支台装置は、部分床義歯に用いられる支台装置のひとつであり、欠損部に隣接する歯に設定される。

フレンジテクニック

フレンジテクニック(flange technique)は、LottとLevinにより1964年に提唱された。 ...

オーバークロージャー

上顎・下顎の顎間距離が減少している状態、すなわち上顎と下顎とが閉じすぎていることを、オーバークロージャーという...

義歯による咬傷の原因

義歯による咬傷の原因となるものとしては、以下に示すような要因が考えられる。 人工歯の排列位置不良 低い咬合高径...

ドンダース空隙

ドンダース空隙とは、下顎安静時に舌背と硬口蓋・軟口蓋との間に見られる空隙のことである。 Dondersにより1...

加圧印象

加圧印象とは、有床義歯の機能時の状態を想定し、顎堤粘膜を加圧した環境下で印象採得する術式である。 加圧印象には...

アタッチメント(歯科)

アタッチメントは、メールとフィメールから構成される可撤性義歯に用いられる支台装置の一つである。 メールとフィメ...

解剖学的人工歯

解剖学的人工歯とは、咬頭傾斜角が30°以上の人工歯のことをいう。 解剖学的人工歯は非解剖学的人工歯と比較して咀...

MKG(マンディブラーキネジオグラフ)

MKG(マンディブラーキネジオグラフ)とは、非接触型の下顎運動分析記録装置である。 切歯点の動きを磁気センサー...

嚥下位

嚥下位とは、嚥下第1相における顎位のことである。 正常な有歯顎者の場合、嚥下時の顎位は咬頭嵌合位・中心咬合位の...

ウィルソン(Wilson)の彎曲

ウィルソン(Wilson)の彎曲は、側方咬合彎曲や側方歯列彎曲とも呼ばれている。 天然歯列を前頭面に投影した際...

SPA要素

SPA要素とは、前歯部人工歯の選択時における審美性の根拠とされる。 SPAはそれぞれ性別(Sex)、性格(Pe...

下顎運動の記録装置

下顎運動を分析し、記録するには主に以下のような装置が用いられている。 MKG(マンディブラーキネジオグラフ) ...

維持格子

維持格子とは、小連結子の一種で、大連結子と義歯床とを連結する装置のことである。 フレームワークの義歯床に入る部...

一次固定

連結した固定性補綴装置の装着により、支台歯相互の連結固定効果を発現される方法である。

アバットメント

アバットメントとは、インプラントの構成要素のうち、インプラント体に連結するコンポーネントで、上部構造のための支...

アペックス

アペックスは、描記されたゴシックアーチの頂点で、左右の下顎側方運動路が交わった点のことである。

外側バー(頬側バー・唇側バー)

外側バーとは残存支部の口腔前庭に設置される大連結子である。 臼歯部では頬側バー(Buccal bar)、前歯部...

アンダーカットゲージ

アンダーカットは、サベイヤーに含まれるツールの一つで、水平的なアンダーカット量を計測する。 アンダーカットゲー...

アーライン

口蓋の可動部と不動部との境界線である。 アー発音時における可動部の最前方を示している。 アーラインは上顎義歯の...

ゴシックアーチ描記法の目的

ゴシックアーチ描記法の目的を以下に示す。 水平的顎間関係の記録 半調節性咬合器の調整 顎運動異常の判定

咬合床転覆の原因

咬合床転覆の原因となるのは、主に以下の要因であることが多い。 下顎の水平的偏位 蝋堤の不均一な軟化 咬合床の適...

咬合高径の異常による障害

咬合高径の異常による障害、それぞれ咬合高径が高すぎる場合と低すぎる場合に生じる障害について解説する。 咬合高径...

寒天印象材の特徴

寒天印象材の特徴について解説する。 ハイドロコロイド印象材のひとつである 親水性である 熱可塑性である ホウ砂...

無圧印象に用いられる印象材

無圧印象に用いられる印象材としては、以下の印象材が主に挙げられる。 石膏印象材 酸化亜鉛ユージノール印象材

アルジネート印象材について

アルジネート印象材の基本的な性質や特徴について解説する。 印象を採得した後は水中保管により膨張する 寒天印象材...

高分子を含有する印象材

高分子を含有する印象材としては、以下の印象材が挙げられる。 寒天印象材 アルジネート印象材 シリコーンゴム印象...

二重同時印象法(ダブルミックス印象法)

二重同時印象法(ダブルミックス印象法)とは、流動性が異なる同種の印象材を同じタイミングで練和して印象を採得する...

安静空隙

下顎安静位における上下顎の歯列間距離のこと。 正常者においては、安静空隙は前歯部で2~3mmとされる。 咬合高...

モンソンカーブ

モンソンカーブは、篩骨鶏冠付近を中心とする半径 4 インチの球面に、下顎の切縁や咬頭頂が接触するという、モンソ...

咬頭干渉

咬頭干渉は、咬合の不調和のひとつであり、側方・偏心運動時に咬合が干渉し、円滑な機能運動を妨げるような咬合接触様...

仮想咬合平面

仮想咬合平面とは、最終義歯の咬合平面の基準となる、咬合堤上に表現される平面のことである。 出典:歯科補綴学専門...