初回通過効果

初回通過効果とは、経口投与された薬物が全身循環に入る前に肝臓で代謝され一部の効果を失うことである。