生物学的利用能(バイオアベイラビリティ)

生物学的利用能は、バイオアベイラビリティともいう。全身循環に達する薬物量のことである。

全身循環に到達した薬物量÷投与された薬物量で表される。

例えば、静脈内投与された薬物は初回通過効果などを受けず直接全身循環に達するため、全身循環に到達した量が投与された薬物量と等しく、したがって生物学的利用能(バイオアベイラビリティ)は1.0となる。

なお、経口投与では初回通過効果を受けるため、生物学的利用能(バイオアベイラビリティ)は1.0以下となる。