Tell Show Do法(TSD法)

Tell Show Do法(TSD法)とは、患児にTell(話す)、Show(見せる)、Do(行う)ことによって段階的に歯科治療に対する恐怖心を克服させる系統的脱感作法の一種である。

歯科治療の経験が少なく治療に対する恐怖心を抱いている患児に有効となる。