小児歯科治療における系統的脱感作法

小児歯科治療における系統的脱感作法は、歯科治療における小児への対応法として、弱い刺激から順次強い刺激へと段階的に刺激を与えていくことで、小児患者が感じる不安・恐怖を慣れさせて克服させるもののことである。

TSD法(Tell-Show-Do法)は小児歯科治療における系統的脱感作法のひとつである。