透照診(トランスイルミネーションテスト)

透照診は、トランスイルミネーションテスト(Transillumination Test)ともいう。

舌側から光を照射することにより、前歯部隣接面におけるう蝕や亀裂、破折線などの有無を診査する検査法である。臼歯部には適用できない。

透照診に用いる器具

透照診の光には、イルミネーターやコンポジットレジン充填用の光照射器などを利用する。

また、近年では光ファイバーによる透照診(Fiber-Optic Transillumination,FOTI)も行われている。