レジンインプレグネーション法

コンポジットレジンの重合収縮により生じた歯質の微小亀裂に対してボンディングレジンを塗布することで亀裂を封鎖し、微小漏洩や歯髄症状、二次う蝕などを防止する手法である。