レイヤリングテクニック

レイヤリングテクニックとは、コンポジットレジン修復において、異なるシェードのレジンを積層充填することで、天然歯に近い色調を再現することである。

レイヤリングテクニックにおいては、表層に薄いシェードのコンポジットレジンを充填し、深部には濃いシェードのコンポジットレジンを充填することで、審美性を向上させることができる。