QLF法(定量的可視光誘導蛍光法)

QLF法とは、定量的可視光誘導蛍光法ともいい、歯面に可視光を照射し、エナメル質の初期う蝕の診断を行う手法のことである。