MI(Minimal Intervention=最小限の侵襲)の定義(FDI POLICY STATEMENT, 2002)

FDI(国際歯科連盟)は 2002 年に声明として、Minimal Intervention(MI)の概念を提唱した。

その基本的な考え方は、以下の5項目からなっている。

FDI POLICY STATEMENT(Vienna, Austria, 2002)

1)口腔内細菌叢の改善

う蝕は感染症であるから、まず最も重要なことは感染そのもののコントロール、すなわちプラー クを除去し、糖分の摂取を制限することが必要である。

2)患者教育

患者にはう蝕の成り立ちを説明し、同時に食事指導と口腔清掃指導を通してみずからもう蝕リス クの低減を図る必要があることを説明する。

3)エナメル質および象牙質のう蝕でまだう窩を形成していないう蝕の再石灰化

唾液は、脱灰と再石灰化のサイクルにおいて重大な役割を演じているので、量的および質的に評価されなければならない。

エナメル質の白斑や、う窩を形成していない象牙質う蝕は、その進行が停止したり治癒したりすることが証明されている。したがって、そのような病変に対しては、まずは 再石灰化療法を行って経過観察すべきである。

病変が拡大したかどうかが経過観察によって確認できるよう、病変の範囲は客観的に記録しておく必要がある。

4)う窩を形成したう蝕への最小の侵襲

歯質を削るという外科的な介入は、たとえば、う蝕の進行を停止させることができないう窩がある場合や、機能的あるいは審美的な要求がある場合に限るべきである。

歯の切削に際しては、極力天然歯質を保存するよう努め、切削するのは破折しそうなエナメル質と感染した象牙質のみに限定すべきである。

この切削操作には、状況に応じて、手用器具、回転器具、音波・超音波装置、エアー ブレージョン装置、あるいはレーザー装置が用いられる。

窩洞はほとんどの場合、感染した象牙質の広がり具合によって決まるので、一つひとつ違った形になり、あらかじめ窩洞の形が決められるものではない。

窩洞の大きさを最小限にすることで、グラスアイオノマーセメントや、コンポジットレ ジンなどの接着性材料で修復することが可能となる。

グラスアイオノマーセメントは、中程度に脱灰した非感染象牙質の再石灰化を促すとするいくつかの報告はあるが、この点については、さらなる臨床研究が必要である。

5)欠陥のある修復物の補修

修復物の除去においては、結果として健全歯質もいくらかは削除することになるので、窩洞のサイズが大きくなることは避けられない。

臨床的判断に従い、それぞれの状況に応じて、修復物全体 を再修復する代わりに補修をするのも一つの選択である。

(引用:う蝕治療ガイドライン 第2版, 日本歯科保存学会)