象牙質知覚過敏症

象牙質知覚過敏症には、歯肉退縮などに伴う歯頸部象牙質知覚過敏症と、窩洞形成後に生じる象牙質知覚過敏症がある。

象牙質知覚過敏症では、冷水痛や擦過痛に一過性の鋭い痛みを生じる。

歯頸部象牙質知覚過敏症は、前歯部や小臼歯部に多いとされる。

主に治療・処置が必要なのは、歯頸部象牙質知覚過敏症である。