う蝕検知液

う蝕検知液は、主に1%アシッドレッド・プロピレングリコール液が用いられている。

商品名としてはカリエスディテクター®などがある。

う蝕検知液によって、細菌侵入のあるう蝕象牙質の第一層(外層)が染色される。

う蝕検知液を用いる手順

  • う窩の開拡
  • 感染歯質の除去(スプーンエキスカベーターなどを用いる)
  • う蝕検知液を滴下し、10秒後に水洗
  • 赤く染まった部位を再び除去する。淡いピンク色に染色している歯質は細菌侵入がないため除去しなくてよい。