う蝕を誘発する歯の形態異常

棘突起

棘突起は、上顎中切歯に好発する歯の形態異常である。

基底結節から切縁へと向かう突起のことで、プラークが停滞しやすくう蝕の誘因となる。

盲孔

盲孔とは、上顎側切歯に好発する歯の形態異常で、舌面窩における凹みをいう。

盲孔が極度に深部に入り込んだ状態の歯を歯内歯という。

斜切痕

斜切痕は、上顎側切歯に好発する歯の形態異常である。

基底結節や辺縁隆線に認められる切痕のことをいう。