歯肉増殖症の原因となる薬物

歯肉増殖症の原因となるのは,主に以下のような薬物である.

  • 抗てんかん薬(フェニトイン)
  • 降圧薬(カルシウム拮抗薬であるニフェジピン等)
  • 免疫抑制薬(シクロスポリン)

歯肉増殖症は,薬剤の副作用により線維性の歯肉増殖がみられる.
初発因子がプラークであるため,プラークコントロールやスケーリングの徹底により予防・改善できるが,増殖が著しい場合は歯肉切除術などの歯周外科処置を行うこともある.