プランジャーカスプ(くさび状咬頭)

プランジャーカスプとは、くさび状咬頭ともいい、咬耗により咬頭傾斜が強くなったなどの理由から、対合の歯間部にくさび状に咬み込む咬頭のことである。上顎臼歯部に多い。

プランジャーカスプは食片圧入の原因となるほか、歯肉の炎症や歯槽骨吸収を惹起するとされている。

プランジャーカスプに対しては、咬頭頂を丸めて短くしたり、固定により隣接面部の保護をはかる処置が行われる。