妊娠性歯肉炎

妊娠性歯肉炎(Pregnancy Gingivitis)は、妊娠2ヶ月〜8ヶ月の間に見られる歯肉炎.

プロゲステロンやエストラジオールなどの女性ホルモンが血中に増加することで,これらを栄養源とするPrevotella intermediaやPrevotella nigrescensなどの発育を促進することで,歯肉炎を誘発する.