喫煙関連歯周炎の特徴

喫煙は歯周疾患の環境関連リスクファクターであり、喫煙によって歯周組織には以下のような影響が現れる。

なお好発部位として、喫煙関連歯周炎は上下顎前歯部上顎の口蓋側に症状が現れやすい。

  • アタッチメントロスの増加(歯周組織破壊)
  • 歯肉の退縮
  • 末梢血管の収縮
  • 局所の酸素分圧低下
  • 創傷治癒の遅延
  • 歯周病原細菌のコロニー形成
  • 好中球やマクロファージの貪食能低下
  • 組織破壊性酵素の産生量増加