ヘミセプター状骨欠損

歯槽中隔の近心あるいは遠心の歯槽骨が過度に吸収されている状態のことを、ヘミセプター状骨欠損という。

ヘミセプター状骨欠損は、1壁性骨欠損おさもしくは2壁性骨欠損で認められることが多い。