GTR法(組織再生誘導法)

GTR(組織再生誘導)法は、保護膜(GTR膜)を用いて歯肉上皮や歯肉結合組織の根尖側への侵入を阻止し、歯根膜由来の細胞(線維芽細胞、セメント芽細胞、骨芽細胞など)を歯冠側根面に誘導し結合組織性付着を得る歯周組織再生療法である。

GTR法の仕組みは、根面と歯肉弁の間に保護膜を敷くことで、根面における上皮や歯肉結合組織の増殖を抑制し、歯根膜細胞をそこに増殖させることで、歯根膜、セメント質、歯槽骨など歯周組織の再生を期待する、というものである。

この際、保護膜の固定の際には懸垂縫合を用いる。

根分岐部病変部や垂直性骨欠損に適応される。

また、GTR膜には吸収性膜と非吸収性膜があり、非吸収性膜の場合には膜を除去するための二次手術が必要である。