BULLの法則

BULLの法則は、側方運動時に作業側に咬合干渉が生じ、平衡側が離開してしまうときに行う咬合調整法である。
上顎は頬側咬頭内斜面、下顎は舌側咬頭内斜面を削合する。