歯科麻酔学

歯科麻酔学に関する歯科用語をご覧になれます.

バイタルサイン(血圧・脈拍・呼吸・体温)

バイタルサインは、血圧・脈拍・呼吸・体温である。 以下にそれぞれの概要と正常範囲を示す。 血圧 聴診法やオシロ...

ボバースの反射抑制体位

ボバースの反射抑制体位は、脳性麻痺の患者において不随意運動が出にくい姿勢・体位のことである。異常姿勢反射抑制肢...

局所麻酔薬中毒の防止策

局所麻酔薬中毒を防止するために、以下のような方策が取られる。 薬液はゆっくりと注入 血管内に刺入していないか吸...

チアノーゼ

チアノーゼとは、血液中の酸素の不足により皮膚が青く変色している状態のことである。 肺疾患や喘息、誤嚥・窒息、薬...

歯科治療中の呼吸困難

歯科治療中に患者が呼吸困難を呈する際に疑うべきは、アナフィラキシーショックや過換気症候群、気管支喘息発作、器具...

脈拍(頻脈・徐脈)

頻脈は、脈拍が100回以上/分である状態のことをいい、徐脈とは脈拍が50回以下/分である状態をいう。

意識レベルの分類:Japan Coma Scale(JCS),3–3–9度方式

意識レベルの分類・意識障害の評価方法としては、Japan Coma Scale(JCS)、3–3–9度方式が用...

AED(自動体外式除細動器)

AED(自動体外式除細動器)は、心室細動・無脈性心室頻脈に適応させる。 診断を自動的に行えるため、医療従事者で...

星状神経節ブロックの適応症

星状神経節ブロックの適応症を以下に示す。 顔面神経麻痺 帯状疱疹後神経痛 非定型顔面痛 カウザルギー

Hornerの徴候

Hornerの徴候とは、星状神経節ブロック奏功時に認められる徴候である。 星状神経節ブロック奏功時には、以下の...

星状神経節ブロックによる偶発症・合併症

星状神経節ブロックによる偶発症・合併症として生じるリスクがあるものとしては以下のような症状が挙げられる。 嗄声...

ベンゾジアゼピン系マイナートランキライザー

ベンゾジアゼピン系マイナートランキライザーには、ミダゾラム、ジアゼパム、フルニトラゼパムなどの薬剤がある。 こ...

亜酸化窒素(笑気)吸入麻酔法の禁忌症例

亜酸化窒素(笑気)吸入麻酔法の禁忌症例としては、以下のような症例が挙げられる。 全身疾患などにより歯科治療の適...