舌挺出反射

舌挺出反射とは、舌で食物などを挺出することで口腔外に押し出すような原始反射のことで、生後3ヶ月〜4ヶ月程度で消失する。

舌挺出反射が消失することで、乳児型嚥下から成熟型嚥下へと移行し、離乳開始の指標とされる。