リーウェイスペース

リーウェイスペースとは、側方歯群交換期(Hellmanの歯年齢ではⅢB期)において、乳歯と永久歯での側方歯群の近遠心的歯冠幅径の差のことである。

(C+D+E)-(3+4+5)の値が、上顎で約1mm、下顎で3mmとなる。

リーウェイスペースは、下顎前歯部の叢生の調整や第一大臼歯の咬合の安定に利用される。