連続抜去法後に予測される不正咬合

連続抜去法では、C-D-4の順で抜歯をするため、術後に以下のような不正咬合が生じることが予測される。

  • 過蓋咬合
  • 前歯の舌側傾斜
  • 犬歯の遠心傾斜
  • 大臼歯の近心傾斜

    連続抜去後に生じるこれらの不正咬合の発生を防止するために、Nanceのホールディングアーチを併用して行うことが多い。