連続抜去法

連続抜去法とは、歯と顎骨の著しい不調和がある症例に対して、叢生の改善を目的とし、C→D→4の順番で連続的に抜歯を行う方法である。