咬合挙上板

咬合挙上板は、咀嚼筋や口腔周囲筋などの機能母体を賦活化させて矯正力とする機能的矯正装置のひとつである。

咬合挙上板の構造

咬合挙上板の構造は、以下の要素からなる。

  • レジン床
  • 接歯唇側線
  • クラスプ
  • 挙上板

咬合挙上板の作用

咬合挙上板は、下顎前歯の圧下と臼歯部の挺出によって、咬合挙上を目的とする矯正装置である。

咬合挙上板の適応症

咬合挙上板は、過蓋咬合に対して適応される。