咬合の異常をきたす不正咬合

咬合の異常をきたす不正咬合の種類としては、以下のような不正咬合が挙げられる。

上顎前突

オーバージェットが正常より大きい.

下顎前突

オーバージェットがマイナス.

開咬

オーバーバイトがマイナス.

過蓋咬合

オーバーバイトが正常より大きい.

切端咬合

オーバージェット, オーバーバイトともに0mm.

交叉咬合

上下顎歯列弓が水平的に交叉している.