ツーバイフォー(2×4)

両側第一大臼歯と両側中切歯・側切歯のみにブラケットを装着して前歯部のレベリング(配列)を行う術式を、歯科矯正学ではツーバイフォー(2×4)と呼ぶ。