歯科矯正学

歯科矯正学に関する歯科用語をご覧になれます.

咬合挙上板

咬合挙上板は、咀嚼筋や口腔周囲筋などの機能母体を賦活化させて矯正力とする機能的矯正装置のひとつである。 咬合挙...

加強固定に用いられる矯正装置

加強固定は、固定の喪失を防止することを目的として固定を強化・保護する固定のことである。 加強固定に用いられる矯...

顎整形力を発揮する矯正装置

顎整形力とは、顎の成長や形態に対して及ぼされる矯正力のことで、顎整形力を発揮する矯正装置には、主に以下のものが...

不正咬合の原因

不正咬合の原因はさまざまな因子があるが,以下にその主なものを示す. 不正咬合の原因 先天的原因 先天欠如歯 第...

側面頭部エックス規格写真(セファログラム)の基準平面

側面頭部エックス規格写真(セファログラム)の基準平面には、以下に列挙するような平面がある。 基準平面 SN平面...

側面頭部エックス規格写真(セファログラム)の基準となる角度

側面頭部エックス規格写真(セファログラム)の基準となる角度には、以下のようなものがある。 側面頭部エックス規格...

アーチレングスディスクレパンシー

アーチレングスディスクレパンシー(arch length discrepancy) アーチレングスディスクレパ...

矯正治療に用いる模型

矯正治療に用いる模型 口腔模型の分析と診断 種類 平行模型 石膏模型の基底面が咬合平面と平行. 製作が容易. ...

トゥースサイズレイシオ

  トゥースサイズレイシオ(tooth size ratio) トゥースサイズレイシオ(Tooth ...

矯正治療における抜歯・非抜歯の判定

矯正治療における抜歯・非抜歯の判定には、Tweedの抜歯基準を用いる。 抜歯の判定 Tweedの抜歯基準 抜歯...

矯正力の種類(顎整形力・機能的矯正力)

矯正力の種類(顎整形力・機能的矯正力)について、以下で解説する。 矯正力 歯を移動させる100gf前後の力 顎...

歯の移動様式

歯の移動様式による分類・種類に関して、以下で解説を行う。 傾斜移動 歯根の根尖側1/3を回転中心とし, 比較的...

矯正治療における固定(抵抗の性質による分類)

固定 矯正治療における固定とは, 矯正力に対する抵抗のことである. その抵抗源を固定源という. また, 固定源...

Nanceのホールディングアーチ

以下に、Nanceのホールディングアーチの構造や機能、適応症などを示す。 Nanceのホールディングアーチの構...

トランスパラタルアーチ

トランスパラタルアーチの構造、作用、適応症を以下に示す。 トランスパラタルアーチの構造 バンド 維持装置 パラ...

クワドヘリックス(緩徐拡大装置)

クワドヘリックスは、緩徐拡大装置ともいう. なおクワドヘリックスは、下顎の場合はバイヘリックスという. クワド...

骨格的に作用する矯正装置

骨格的に作用する矯正装置には、以下のような種類がある。 以下にそれぞれ具体的な構造や作用、適応症を示す。 骨格...

マルチブラケット装置

マルチブラケット装置の構造 ブラケット チューブ アーチワイヤー 結紮線 エラスティック マルチブラケット装置...

タングクリブ

タングクリブは、リンガルアーチを応用した矯正装置の一つである。 舌の前方への突出を阻害することで舌突出癖や異常...

矯正後の保定

以下では、矯正治療後に行う保定について解説している。 保定とは? 保定とは, 矯正治療後の歯や顎骨の後戻りを防...

Frankel(フレンケル)装置

Frankel(フレンケル)装置は、咀嚼筋や口腔周囲筋などの機能母体を賦活化させて矯正力とする機能的矯正装置の...

リップバンパー

リップバンパーは、咀嚼筋や口腔周囲筋などの機能母体を賦活化させて矯正力とする機能的矯正装置のひとつである。 構...

咬合斜面板

咬合斜面板は、咀嚼筋や口腔周囲筋などの機能母体を賦活化させて矯正力とする機能的矯正装置のひとつである。 構造 ...

矯正治療における固定(固定源の部位による分類)

固定 矯正治療における固定とは, 矯正力に対する抵抗のことである. その抵抗源を固定源という. また, 固定源...

矯正治療における固定(抜歯空隙の利用量による分類)

固定 矯正治療における固定とは, 矯正力に対する抵抗のことである. その抵抗源を固定源という. また, 固定源...

バイオネーター

バイオネーター バイオネーターとは、アクチバトールのレジン床を小さくした改良版の矯正装置のことである。 バイオ...

三日月様顔貌

三日月様顔貌とは、下顎が前方に突出している、あるいは上顎が後方へと後退している下顎前突症において、相対的に中顔...

矯正治療に伴う抜歯と非抜歯の判定

以下では、矯正治療に伴う抜歯と非抜歯の判定について解説をしている。 矯正治療に伴う抜歯 歯と顎骨の大きさの不調...

側貌型

側貌型は、凸顔型(コンベックスタイプ)と凹顔型(コンケイブタイプ)、また直顔型(ストレートタイプ)に分類される...

Angleによる不正咬合の分類

Angleの分類 以下にAngleによる不正咬合の分類を示す。 Ⅰ級 上顎第一大臼歯の近心舌側咬頭が、下顎第一...

頬筋機能機構(バクシネーターメカニズム)

バクシネーターメカニズムとは、頬筋機能機構ともいう。 バクシネーターメカニズムでは、口輪筋・頬筋・上咽頭収縮筋...

根管拡大・根管形成の目的

感染根管治療における根管拡大・根管治療の目的としては、以下のような点が挙げられる。 薬剤の浸透性を高める 根管...

舌挺出反射

舌挺出反射とは、舌で食物などを挺出することで口腔外に押し出すような原始反射のことで、生後3ヶ月〜4ヶ月程度で消...

低位乳歯

低位乳歯とは、骨性癒着(アンキローシス)などにより、咬合平面に達していない低位の乳歯のことである。 低位乳歯の...

口呼吸患者の所見

習慣的に口呼吸をしている患者には、以下のような特徴的な所見が認められることが多い。 テンションリッジ(堤状隆起...

連続抜去法

連続抜去法とは、歯と顎骨の著しい不調和がある症例に対して、叢生の改善を目的とし、C→D→4の順番で連続的に抜歯...

至適矯正力

至適矯正力とは、歯を移動させるために最適な圧力で加えられた矯正力のことである。 歯を動かすための矯正力は, 最...

機能的矯正装置

機能的矯正装置とは、咀嚼筋や口腔周囲筋などの機能母体を賦活化させて矯正力とする装置のことである。 つまり、機能...

差動矯正力

差動矯正力とは、歯ごとの至適矯正力の差を利用し、動かさない歯の移動を最小限にとどめ、動かす歯を効率的に行うこと...

アクチバトール

アクチバトールは、咀嚼筋や口腔周囲筋などの機能母体を賦活化させて矯正力とする機能的矯正装置のひとつである。 構...

個性正常咬合

矯正治療によって獲得する目標となる正常咬合の個性正常咬合について以下で解説をする。 正常咬合 正常咬合を保持す...

スライディングプレート

スライディングプレートは。被蓋の大きな反対咬合の治療を容易にする。 チンキャップやリンガルアーチと併用する。

舌側弧線装置(リンガルアーチ)

舌側弧線装置(リンガルアーチ)は、持続的な矯正力を発揮することによって、歯の傾斜移動を行う矯正装置である。 リ...

予測模型(セットアップモデル)

予測模型は、セットアップモデルとも呼ばれる。 予測模型(セットアップモデル)は、石膏模型上で移動歯を分割歯型に...

アグリーダックリングステージ(みにくいアヒルの子の時期)

アグリーダックリングステージ(ugly duckling stage:みにくいアヒルの子の時期)とは、前歯萌出...

リーウェイスペース

リーウェイスペースとは、側方歯群交換期(Hellmanの歯年齢ではⅢB期)において、乳歯と永久歯での側方歯群の...

Hellmanの歯年齢

Hellmanの歯年齢(Dental Age)とは、歯の萌出状態によりヒトの成長段階を分類したものである。 な...

咬合の異常をきたす不正咬合

咬合の異常をきたす不正咬合の種類としては、以下のような不正咬合が挙げられる。 上顎前突 オーバージェットが正常...

矯正治療による生体反応

歯に矯正力がかかると、歯根には圧迫側と牽引側が生じる。 圧迫側では、歯根膜は押しつぶされ、破骨細胞により歯槽骨...

A-B平面角

A-B平面角とは、側面頭部エックス規格写真(セファログラム)において、直線ABと顔面平面とのなす角のことである...

ターミナルプレーン

ターミナルプレーンとは、上下顎第二乳臼歯遠心面の位置関係のことであり、第一大臼歯の萌出する誘導面となる。 ター...

トルク

トルクとは、歯冠を中心として歯根を傾斜移動させるような、歯の移動様式のことである。

狭窄歯列弓

狭窄歯列弓とは、歯列の形態異常の一種であり、臼歯部の舌側転移により歯列弓が狭窄した状態をいう。 狭窄歯列弓の原...

Simonの顎態模型

Simonの顎態模型について解説する。 Simonの顎態模型に用いられる三平面 Simonによる顎態診断法とは...

不正咬合の先天的要因

不正咬合の先天的要因としては、以下のような要因・原因が挙げられる。 唇顎口蓋裂 Down症候群 鎖骨頭蓋異形成...

ツーバイフォー(2×4)

両側第一大臼歯と両側中切歯・側切歯のみにブラケットを装着して前歯部のレベリング(配列)を行う術式を、歯科矯正学...

二次空隙

二次空隙とは、交換期に後継永久歯の萌出に伴って認められる発育空隙のことである。

矯正治療後の再発防止策

矯正治療後の再発防止策としては、以下のようなものがある。 長期保定 永久保定 早期治療 咬合調整 口腔筋機能療...

クロージングループ

クロージングループとは、歯科矯正治療において前歯遠心移動や空隙閉鎖(スペースクローズ)に用いられるループのこと...

コイルスプリング

コイルスプリングは、オープンコイルスプリングとクローズドコイルスプリングとに大別される。 コイルスプリングのう...

連続抜去法後に予測される不正咬合

連続抜去法では、C-D-4の順で抜歯をするため、術後に以下のような不正咬合が生じることが予測される。 過蓋咬合...

アップライト(整直)

アップライト(整直)とは、隣在歯の喪失などにより傾斜した歯を垂直に起き上がらせる前処置のことである。 清掃性の...

下顎骨体長(Jarabak法)

下顎骨体長の診査には、代表的なものとしてJarabak法(セファログラム分析)により下顎骨体の長さを評価する。...

正中離解を引き起こす要因・原因

正中離解を引き起こす要因・原因には、主に以下のような因子が挙げられる。 上唇小体の高位付着 正中埋伏過剰歯 側...

Tweed分析の基準値

Tweed分析は下顎中切歯歯軸傾斜角、フランクフルト平面(眼耳平面・FH平面)、下顎下縁平面を基準とし、その基...

骨格性開咬の特徴

骨格性開咬の特徴を以下に示す。 下顎角が大きい 下顎下縁平面傾斜角が大きい Y軸角が大きい 下顎枝高が小さい

機能的不正咬合の診断法

機能的不正咬合の診断は、主に以下のような機能的検査法によってなされる。 顎運動検査(下顎限界運動路・習慣性開閉...

側面頭部エックス線規格写真(セファログラム)重ね合わせ法に用いる平面

側面頭部エックス線規格写真(セファログラム)重ね合わせ法に用いる平面には、主に以下の基準平面がある。 SN平面...

歯の早期接触の診査

歯の早期接触の診査として用いられるのは以下のような方法がある。 下顎運動路利用法 ファンクショナルワックスバイ...

歯列弓幅径を増大できる矯正装置

歯列弓幅径を増大させる矯正装置としては、以下に列挙するような装置が挙げられる。 急速拡大装置(ラピッドエクスパ...

混合歯列期の機能的不正咬合に用いる矯正装置

混合歯列期の機能的不正咬合には、以下のような矯正装置が用いられる。 アクチバトール バイオネーター 切歯斜面板...

縫合性成長に関与する矯正装置

縫合性成長に関与する矯正装置としては、以下に列挙するような装置が挙げられる。 急速拡大装置:縫合性成長を促進 ...