口腔領域における前癌病変と前癌状態

以下にその解説と、主な疾患をそれぞれ列挙する。

前癌病変

前癌病変とは、正常組織よりも癌を発生しやすい形態に変化した組織のことである。

前癌病変は主に以下の疾患が挙げられる。

  • 白板症
  • 紅板症

前癌状態

前癌状態とは、癌を発生する危険性が有意に増加した一般的状態のことである。

前癌状態は主に以下の疾患が挙げられる。

  • 梅毒
  • 扁平苔癬
  • Plummer-Vinson症候群
  • 口腔粘膜下線維腫症