顎関節症の分類

顎関節症の分類を以下に示す。

顎関節症 I型

咀嚼筋障害を主徴候とする顎関節症。

顎関節症 II型

関節包、関節靭帯、円板後部組織の炎症を主徴候とする顎関節症。

顎関節症 III型

関節円板の転位や変性、穿孔、線維化を主徴候とする顎関節症。

復位性と非復位性とでⅢaとⅢbに分けられる。

顎関節症 III型a

復位性関節円板転位

関節円板の位置関係が復位する時に関節雑音(クリック音)が認められる。

顎関節症 III型b

非復位性関節円板転位。クローズドロック

関節円板の位置が復位しない。

ひっかかりのための開口障害や顎関節の疼痛がおこる。

顎関節症 IV型

変形性顎関節症

関節軟骨の破壊、下顎窩や下顎頭の骨吸収や変性・添加、関節円板や滑膜の変形異常などの骨の病変を主徴候とする顎関節症。

クレピタス音と呼ばれる関節雑音が顕著である。

顎関節症 V型

上記のI~IV型のいずれにも該当しない顎関節症の分類。

心身医学的な要素を含むものもⅤ型に該当する。