類天疱瘡

類天疱瘡は、基底膜やヘミデスモゾームに対する自己抗体によるⅡ型アレルギーが原因であるとされている。

上皮下水疱の形成を特徴とする。

類天疱瘡では治療方法としてステロイド投与や免疫抑制薬などが選択される。