Riga-Fede病

Riga-Fede病(リガ・フェーデ病)とは、乳幼児の舌下面に生じる外傷性・褥瘡性の潰瘍である。

Riga-Fede病の原因と治療

先天性の乳歯や早期萌出した乳歯が原因となる。

Riga-Fede病に対しては、先天性歯の切縁を削合するなどして対応する。