オーバーローテーションクリック

オーバーローテーションクリックとは、最大開口位における関節円板の後方転位のことである。

最大開口時にラクセーションが生じ、大きなリダクションクリックと共に自力で関節円板が復位し、閉口が可能となる。