慢性唾液腺炎

慢性唾液腺炎では、唾液腺造影検査で特徴的なソーセージ状所見がみられる。

ソーセージ状所見とは、唾液腺の導管が拡張したり狭窄したりしている状態のことで、ソーセージに見えることから名づけられた。