顎関節の構造

顎関節は、側頭骨の下顎窩に下顎骨の下顎頭が関節円板を介して入り込む構造となっている。前方に関節結節(関節隆起)が存在する。

顎関節全体は関節包により包まれており、また関節円板の上下で上関節腔と下関節腔に分けられる。

なお、顎関節の主靱帯は外側靱帯であり、副靱帯は蝶下顎靱帯と茎突下顎靱帯である。