骨片呼吸

下顎骨正中部の骨折においては、顎運動時に骨折端開大が認められることがある。

この異常可動性を、骨片呼吸(bone respiration)という。