内分泌攪乱作用のある化学物質

内分泌攪乱作用のある化学物質として、bisphenol-Aやダイオキシン、ポリ塩化ビフェニル、ヘキサクロロベンゼン、DDTなどがある。