オートファジー (Autophagy)

オートファジー (Autophagy) とは、自食とも呼ばれ、細胞が細胞内のタンパク質を分解するための仕組みのひとつである。

ちなみに、Autoはギリシャ語の「自分」を意味しており、Phagyは「食べる」ことを意味している。

さまざまな種類の真核生物に認められ、タンパク質のリサイクルや、病原微生物の排除などに関与しているとされる。