歯科用コーンビームCT

歯科用コーンビームCTは、歯科領域を対象とするエックス線撮影法である。

空間分解能が高く(0.13mm)、歯の破折や顎関節、埋伏歯、抜歯やインプラントの術前診断などに適応される。