割り箸による楔応力検査

割り箸による楔応力検査は、亀裂などによる咬合痛を診査するのに簡便で非侵襲的な検査法である。

割り箸やバルサ材などを1歯ずつ咬ませ、疼痛の有無を診査することで、疼痛の原因歯を特定することができる。