ターンアンドプル

ターンアンドプルは、根管拡大・根管形成においてKファイルなどを用いて回転・ファイリング操作で形成する手技の一つである。

ファイルを1/4回転(ターン)させて根管壁に食い込ませるようにし、その後引き抜く操作(プル)を行うことで、根管壁を切削することができる。